高齢出産と不妊について

「高齢出産」とは、主に35歳以上の女性の出産のことを言います。

 

けれど晩婚化が進んでいる現代では、35歳以上で出産をすることは珍しくありません。また医療の進化もあって、高齢出産でも多くの場合元気な赤ちゃんを産むことができます。

 

それなら年齢と不妊には何の関係もないのかと言うと、そうではないようです。

 

まず、高齢になると妊娠しにくくなるということは事実です。これは加齢によって卵巣の機能が衰えてしまうからだと言われています。

 

女性の体では、生まれた時から卵子が妊娠の準備をしています。その卵子も老化してしまうので、健康な卵子を排出できなかったり、もし受精できても着床できない場合も多くなります。

 

そして、高齢になってくると子宮筋腫・子宮内膜症などの婦人病にもかかりやすくなります。これはホルモン量の低下が原因だと言われています。

 

また年齢が上がると冷え性になる女性が増えてきますが、これも妊娠には悪影響です。こういったことから、女性は30歳を過ぎると妊娠しにくくなってしまうということは間違いありません。その年代で不妊に悩む方も増えているのではないでしょうか。

 

そして40歳以上で妊娠した場合の流産率は、20代に比べると2~3倍になります。また、妊娠中毒症になる確率は2倍になります。

 

女性にも自分の生活スタイルや様々な事情があるかとは思います。けれど子どもを望んでいるなら、なるべく早いうちに妊娠・出産に備えておく方が、安全かつ確実なのではないでしょうか。

 

【妊活におすすめの妊娠しやすいサプリ、プレミンのその他の情報はコチラから】

妊娠しやすいサプリ おすすめ