不妊治療で掛かる費用について

不妊治療で掛かる費用は高額です。不妊治療は基本的に保険適応外だからです。

 

受ける検査や治療は自己負担になるので、トータルで数百万円掛かることも珍しくありません。また、自費検査になるので病院によって費用が異なります。

 

不妊治療は、回数を重ねれば重ねるほど、費用は増えていくので、途中で妊娠をあきらめる夫婦も少なくありません。

 

血液検査は1万円かからないことが多いのですが、人工授精だと3万円くらいは掛かります。また、体外受精になると30万くらいは必要になり、2回目は1回目より安くなりますが、何回目で成功するという保証はありません。

 

顕微受精の場合は、40万くらい掛かり、体外受精と同様、回数を重ねれば少しずつ安くはなるのですが、掛かる費用は莫大です。受精卵を凍結保存するだけでも10万円は掛かります。

 

不妊治療で掛かる費用は甚大で、経済的負担はかなりのものです。

 

ただ、最近では、不妊治療に対して助成金が出るようになったので、子供をどうしても授かりたい人は、助成金の申請を検討するとよいでしょう。

 

地方自治体によって助成内容は違うので、まずは問い合わせをして確認してみることです。

 

【妊活におすすめの妊娠しやすいサプリ、プレミンのその他の情報はコチラから】

妊娠しやすいサプリ おすすめ