不妊と年齢の関係について

不妊と年齢は関係あるのでしょうか。もちろん関係あります。

 

高齢になるとどうしても妊娠しにくくなります。高齢出産は35歳以上を指しますが、晩婚化が進む中、最近では高齢出産も珍しくなくなりました。

 

多くの場合、35歳以上になっても元気な赤ちゃんが産まれることが多いのですが、年齢と不妊は関係しています。

 

なぜなら、年齢が上がると卵巣機能は衰え、卵子も老化するからです。

 

高齢になると、受精してもうまく着床出来ないことが多く、年齢が上がると婦人病も多くなります。年齢が高くなると、不妊に繋がる要因が色々と出てきます。

 

年齢を重ねると冷え性に悩まされる女性が多く、血流が悪くなるということは不妊にそのまま繋がります。

 

年齢とともに不妊のリスクが高まるのは否めません。
30才を超えると毎年3.5%ずつ妊娠する能力が低下すると言われています。これは卵巣機能の低下によるもので、30代後半になると妊娠率は急激に悪くなります。

 

また30代になると、子宮筋腫、子宮内膜炎症、子宮内膜ポリープ、卵巣腫瘍などの病気が増えてきます。これらの病気は、妊娠を妨げていることが多いのです。

 

【妊活におすすめの妊娠しやすいサプリ、プレミンのその他の情報はコチラから】

妊娠しやすいサプリ おすすめ